2016年11月09日

Windows 10のセットアップを行なう

続いて、アップグレードの種類を選択します。「インストールする準備ができました」と表示されたら、「引き継ぐものを変更」をクリックして、残すデータを選択してください。標準では個人用ファイルとアプリを引き継ぐ設定になっていますので、基本的にはそのままで問題ないでしょう。クリーンインストールしたい人は、必要に応じて項目を変更してください(動作未確認)。

windows7 ホーム プレミアム 


セットアップの種類を変える場合は「引き継ぐものを変更」をクリック。ファイルとアプリをそのまま引き継ぐなら「インストール」をクリックします
セットアップの種類を変える場合は「引き継ぐものを変更」をクリック。ファイルとアプリをそのまま引き継ぐなら「インストール」をクリックします




設定によってはアプリや個人のデータが削除されます。十分注意して設定してください
設定によってはアプリや個人のデータが削除されます。十分注意して設定してください



インストールを開始した様子。このあと突然再起動するので、なにか作業をしているなら早急に終わらせましょう
インストールを開始した様子。このあと突然再起動するので、なにか作業をしているなら早急に終わらせましょう



アップグレード中の画面。スマホで撮影しているのでちょっとわかりづらいのですが、ファイルのコピーやドライバーのインストールなどが行なわれています
アップグレード中の画面。スマホで撮影しているのでちょっとわかりづらいのですが、ファイルのコピーやドライバーのインストールなどが行なわれています



設定をそのまま引き継いでところ、以前のアカウントが表示されました。「次へ」をクリック
設定をそのまま引き継いでところ、以前のアカウントが表示されました。「次へ」をクリック



Windows 8/8.1にもあった設定方法の選択画面。今回は「簡易設定を使う」を選択しました
Windows 8/8.1にもあった設定方法の選択画面。今回は「簡易設定を使う」を選択しました




「Windows 10はスゴイんだからね!」という内容。スルーでOKです
画像表示用のプログラムやブラウザーなど、既定のアプリを設定します。「既定のアプリを選択」をクリックして、各アプリを利用するかどうか設定してください




※2015年8月9日追記

当初「新しいWindows用の新しいアプリ」の画面は「スルーしてOK」と記述しておりましたが、この部分を設定しないと既定のプログラムが変更されてしまうことがわかりました。お詫びして、訂正いたします。なお、既定のプログラムを再設定する方法については、以下の記事で解説しています。
関連記事




再度作業が行なわれます
再度作業が行なわれます




もう少しで終わりそう
もう少しで終わりそう



この一連の流れは、表示しないほうがいいような気がします
この一連の流れは、かえって逆効果じゃないですかね?



ということで、ついにWindows 10へアップグレードできました!



無事にWindows 10へアップグレードできました!
無事にWindows 10へアップグレードできました!



デュアルディスプレイもちゃんと動作しています
デュアルディスプレイもちゃんと動作しています




復活&高機能化したスタートメニュー

同じカテゴリー(OS)の記事画像
Windows 10へ直接アップグレードさせる
Win10で無料配布される「Office for Windows10」はどれだけ使える?
Windows 8 オンライン ダウンロード購入およびセットアップ フロー
Office 2013 パッケージ版とダウンロード版の違い
Windows10のシステムをリカバリーする方法(3)
マルチディスプレイ環境の壁紙を使いこなす
同じカテゴリー(OS)の記事
 Windows 10 アップデート (2016-12-15 11:43)
 Windows 10へ直接アップグレードさせる (2016-10-26 16:43)
 Win10で無料配布される「Office for Windows10」はどれだけ使える? (2016-10-20 15:57)
 Windows 8 オンライン ダウンロード購入およびセットアップ フロー (2016-10-10 17:26)
 Office Professional Plus 2016 を入手 (2016-09-28 16:01)
 Office 2013 パッケージ版とダウンロード版の違い (2016-09-21 15:42)
Posted by bestkeyjp at 18:22│Comments(0)OS
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。