2016年10月26日

Windows 10へ直接アップグレードさせる

現在ツールを実行しているWindows PCをそのままWindows 10にアップグレードするには、上側の[このPCを今すぐアップグレードする]を選択して[次へ]をクリックする。下側の[他のPC用にインストール メディアを作る]を選択すると、インストール用のUSBメモリやDVD-R、ISOイメージファイルなどを作成できる。

 ここでは上側を選んで次へ進む。するとWindows 10用のインストール用イメージファイルのダウンロードとローカルディスクへの一時的な展開、(アップグレードに必要な)更新プログラムの適用などが行われた後、ライセンス条項画面が表示される。


ライセンス条項画面
ライセンス条項画面
ライセンスの内容を確認後、[同意する]をクリックして先へ進む。
 [同意する]ボタンをクリックすると、インストールするファイルの確認や準備が行われた後、アップグレードで引き継ぐ項目の選択画面が表示される。


インストール準備の完了
インストール準備の完了
インストールの準備が完了すると、次はユーザーのデータやアプリケーション設定などを引き継ぐかどうかを選択する。
 デフォルトではこのように、「Windows 10 Pro(もしくはHome)のインストール」と「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」が選択され、実行される。[引き継ぐものを変更]のリンクをクリックすると、次のように、何を引き継ぐかの選択肢が表示される。


引き継ぐ項目の選択
引き継ぐ項目の選択
この画面ではアップグレードで何を引き継ぐかを選択する。[何も引き継がない]を選択すると、新規インストールしたのとほぼ同じ状態になる。


 デフォルトでは一番上の「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」が選択されている。通常はこのままでよいだろう。選択後[次へ]をクリックすると、実際の作業が始まる。

アップグレード中の画面
アップグレード中の画面
アップグレードの最中には何度か自動的に再起動が行われる。
 この後、何度か再起動が行われ、アップグレードインストール作業が行われる。最後にアカウント設定画面が表示されれば、作業はほぼ終わりだ。

「ようこそ、こんにちは」画面面
「ようこそ、こんにちは」画面
Windows 10へのアップグレードが終わると、新OS上でユーザーアカウントの選択やユーザープロファイル作成、個人用設定のカスタマイズなどが行われる。
 全ての作業が完了してWindows 10にサインインすると、次のようなデスクトップ画面が表示されるはずだ。


Windows 10のデスクトップ画面
Windows 10のデスクトップ画面
アップグレードインストールされたWindows 10 Proのデスクトップ画面の例。ビルド番号は10240。アップグレード前のOSはWindows 7 Professionalだったので、アップグレード後はWindows 10 Proになっている。ライセンス認証は元のOSで認証済みなので、新たに認証を要求されることはない。

同じカテゴリー(OS)の記事画像
Windows 10のセットアップを行なう
Win10で無料配布される「Office for Windows10」はどれだけ使える?
Windows 8 オンライン ダウンロード購入およびセットアップ フロー
Office 2013 パッケージ版とダウンロード版の違い
Windows10のシステムをリカバリーする方法(3)
マルチディスプレイ環境の壁紙を使いこなす
同じカテゴリー(OS)の記事
 Windows 10 アップデート (2016-12-15 11:43)
 Windows 10のセットアップを行なう (2016-11-09 18:22)
 Win10で無料配布される「Office for Windows10」はどれだけ使える? (2016-10-20 15:57)
 Windows 8 オンライン ダウンロード購入およびセットアップ フロー (2016-10-10 17:26)
 Office Professional Plus 2016 を入手 (2016-09-28 16:01)
 Office 2013 パッケージ版とダウンロード版の違い (2016-09-21 15:42)
Posted by bestkeyjp at 16:43│Comments(0)OS
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。