2017年01月19日

同CPUを搭載する製品を投入してきた

が用意されており,ユーザーの周囲にある空間をスキャンしたり。
Windows 7 プロフェッショナル
拡張現実映像を合成するアプリケーションを作ることが可能になるとのことだ。 

HoloLensの具体的な発売時期は明言されていないが,Windows 10が現行製品である間に登場するとされている。 

なお,イベントの詳細については後ほどレポートする予定だ。

北米時間2015年1月6日から1月9日まで開催された北米最大の家電見本市2015 International CES(以下,CES 2015)。

同イベントの常連出展社でもあるIntelは,イベントに合わせて開発コードネーム。

「Broadwell-U」ことノートPC向け第5世代Coreプロセッサを発表しており。

それに合わせてPCメーカー各社も,同CPUを搭載する製品を投入してきた。 

とはいっても,家電製品が主役のCES 2015というイベントにおいて。

PCは脇役どころか存在感すらほとんどないのが正直なところ。

製品を展示するPCメーカーすらごくわずかという,PCにとってはお寒いイベントだ。そういう事情もあってか。

Intelも新CPUを搭載するPCをアピールするのではなく。

PCやx86アーキテクチャのSoC(System-on-a-Chip)を中心とした周辺技術とその活用法をアピールする方向へと舵を切っている。

それを反映したのが,1月6日に開かれたIntelのCEOであるBrian Krzanich氏による基調講演だ。

講演のメインテーマは,最近Intelが注力している2つの分野。

すなわち3Dカメラ技術「Intel RealSense Technology」(以下,RealSense)と。

組み込み用途向けの超小型コンピュータ「Curie」(キュリー)であり。
office2010 ダウンロード 販売
発表されたばかりの最新CPUの話はないも同然だった。 

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。